消費者金融や銀行の融資

キャッシングという言葉は、簡単に言うと個人が現金を借りる個人向け融資のことを意味しします。多くのサービスは、無担保で使用目的などは明らかにせずとも現金を借りることができます。一口にキャッシングと言っても、銀行自体が提供するもの、銀行系のグループ企業が提供するもの、消費者金融が提供するものなどによって種類やサービス内容は多様にあります。

 

ただし、お金を借りるためには当然条件があります。一つは年齢条件であり、大抵の場合、20歳以上であることが申し込み条件とされています。ただし、未成年であっても、保護者の同意がある場合には融資を受けられるサービスを提供している企業もあります。

 

もう一つの条件は利用者の返済能力の有無です。お金を借りる当事者に返済能力がなければ、業者は当然お金を貸してくれません。申込時の審査では利用者に返済能力があるか否かを業者は判断し、返済能力があると認められた場合に融資を受けられます。

 

ただし、この返済能力については必ずしも本人が持っている必要はありません。場合によっては学生や主婦でもキャッシングサービスを提供している業者もあります。その場合には保護者や配偶者の返済能力が審査対象になります。

続きを読む≫ 2014/11/24 11:41:24

カードローンの商品内容を見ていると、実質年率という言葉を目にすることがあります。他にも、「年率」あるいは「金利」、「年利」といった言葉もよく見かけます。これらはどういった意味があって、どのように違うのでしょうか。結論的に言えば、ほぼ同じ意味です。

 

本来の意味は異なるのですが、現在のところは実質年率で表示することになっているために、どれも同じ意味で用いられていると考えておいて問題はありません。「年率」とは、1年間にお金を借りた場合に発生する利息の割合を指します。

 

例えば、100万円を借りたときの年率が10%であれば、1年の間に10万円の利息が発生することになります。「実質」という言葉についてですが、このような言葉が使われるようになった経緯は、過去に色々な手数料があったからです。申し込みをするときに申込手数料を支払ったり、あるいは年会費がかかったりと、利息以外に支払うものが過去にはたくさんありました。

 

他に色々なものを支払っていると、結局はどれが有利なのか分からなくなってしまう恐れがあることから、これらは全て利息に含めて表示することとなったのです。そのために「実質」という言葉が使われているのですが、平たく言えば申込手数料や年会費がかからないという意味だと考えておけば良いです。

続きを読む≫ 2014/11/24 11:41:24

お金を借りるということは、返済をしなければならないということです。これは常識人であれば、小さい子どもでもわかります。ですが、残念なことにお金に対して自制が効かない大人もいるのも現実です。そういった人は、周囲からもだんだんと信頼を失っていき、そしてついにはお金で泣くことになります。

 

そうならないように、キャッシングをするのであれば、借りるという心構えを持つことです。そう、常識人として借りたら返すをする、ただそれだけをすることです。キャッシングの場合、利息などが付きますが、早い返済であればあるほど、余分な利息を支払わなくて済むのです。

 

また、キャンペーンなどでも、少額であれば180日間の無利息というサービスを行っている消費者金融会社もあります。こういったサービスは、インターネットでわかりますので、借りる前に検索して、下調べをしてから借入をすると、お得です。

 

これからもお世話になるかもしれないと思ったら、銀行系のキャッシングを考えても良いでしょう。こちらは銀行系であるので、利息額も他より低い設定となっています。こういった利息面でも、比較して借入をする良いでしょう。お金とは、上手なお付き合いをしていきたいものです。

続きを読む≫ 2014/11/24 11:41:24

アルバイトは正社員と比べると不安定な仕事だと思われがちで社会的信用度もやや低い目に見られることがあります。アルバイトで生計を立てている人も、時にはキャッシングを利用しないといけない事態に迫られることがあります。しかしここで不安に感じるのが非正規雇用のアルバイトでも審査を通過することができるのかです。

 

キャッシングを利用するときは全て審査を通さないといけないです。審査に通らないとお金を融資してもらうことができません。でも、アルバイトでも借り入れを利用することができるのです。それは1つの職場でアルバイトとして数年以上勤めており、毎月ある程度決まった額の収入があるかどうかが大きなポイントです。同じアルバイトでも、すぐに仕事を変えてしまったりする人もなかにはいます。

 

そのようなアルバイトさんは少し信用度が下がってしまい審査をすんなりととおることは難しいかもしれないです。例えアルバイトでも返済能力があるとわかるとすぐに審査がおりて、希望通りの額を融資することができますので、真面目なアルバイトさんは自信を持ってキャッシングを利用してください。

 

その代りアルバイト代が出たらすぐに返済に回すことを心掛けてください。

続きを読む≫ 2014/11/24 11:41:24

カードローンのカードを持っているとついつい必要以上に借りてしまう場合が実際にとても多いです。なぜ思っている以上に借りてしまうのかが一番疑問としていますし、そしてその対策はどうすればいいのかも知りたい部分です。

 

そこで借りすぎる原因と対策方法を説明致します。借りすぎる原因はその人のよって違ってきているのは当たり前なのですが、多くの方が持っているから借りてしまうんです。カードさえ持っていれば審査なしに借りることを可能としているのがカードローンです。それは便利でもあり危ない部分でもあります。

 

持っている安心感によって使いすぎをしてしまい結局お金がなくなり借りてしまうという負の連鎖があるのでどうしても借り過ぎをします。そこで重要なのがカードローンのカードをできるだけ持たないようにすることです。持っていなければ使いたくてもその時に使えないですので、取りに行くのも面倒だからこそある程度使いすぎをなくしてくれます。

 

さらに利用した後のカードの処分をするのも一つの手です。カードで返済できるので必要と感じますし、もしもの場合にすぐ利用しなければならないので必要と感じます。

 

しかし返済は振込や引き落としで可能ですし、すぐ利用したい場合には連絡すれば振込をしてくれますのでどうしてもカードを必要としているわけではありません。連絡するのはもちろんそれだけで多少の抵抗が出てきますので、抵抗があるからこそ使いすぎをなくしてくれます。

続きを読む≫ 2014/11/24 11:41:24